社会臨床雑誌7巻3号

(2000/3/26発行)

はじめに 日本社会臨床学会編集委員会 (1)

秋の合宿学習会報告

終末期医療問題を考える 阿木 幸男 ・ 戸恒 香苗 (2)

脳死・臓器移植の現在を考える 三輪 寿二 (10)

論文

線引き・ハイブリッド・歓待 横山 浩司 (32)

学校語りの遠近法:第7回総会報告「いま、学校・教育はどうなっているか」を読んで 斉藤 寛 (39)

義肢装具の社会学的考察(5):個立する自己と開かれた身体 渋谷 典子 (47)

『ソフィーの選択』:誰が生き、誰が死ぬかを裁く臓器移植体制(その2) 秋葉 聰 (69)

「映画と本」で考える

彼女と彼が歌うとき 根本 育代 (81)

“ここの場所”から

島に移り住んで 村田 乃撫子 (83)

病者の自立:依存からの脱却 木村 誠志 (86)

学生と行う〈反差別・人権〉フィールドワーク 八木 晃介 (88)

『カウンセリング・幻想と現実』(上・下巻)が刊行されました! 小沢 牧子 (92)

編集後記 (93)

第8回日本社会臨床学会総会のお知らせ (表紙裏)

『社会臨床雑誌』『社会臨床ニュース』への投稿のお願い (裏表紙裏)