社会臨床雑誌1巻1号

(1993/04/01発行)

『社会臨床雑誌』発刊にあたって 日本社会臨床学会設立準備委員会 (1)

「社会臨床」に仮託するもの 山下 恒男 (2)

社会臨床論序説---生活における臨床とは何か--- 野本 三吉 (12)

社会臨床学からみた部落解放理論 八木 晃介 (24)

「高齢化社会」の反教育学 斎藤 寛 (38)

厚生省「臨床心理士」国家資格化を批判する 日本社会臨床学会設立準備委員会 (49)

資格社会論---資格社会現況--- 佐々木 賢 (59)

自己教育力とカウンセリング(1) 中島 浩籌 (72)

精神医療のなかの心理治療 三輪 寿二 (81)

「映画と本」で考える

『十二人の怒れる男たち』と『Q&A』を観て 武田 秀夫 (90)

『臨床の知とは何か』を読んで 小沢 牧子 (93)

“ここの場所”から

新たな「別枠教育」に抗しながら 三浦 高史 (96)

研究態度と「専門性」について 中城 進 (97)

自立自助への助力の難しさこわさ楽しさ 伊藤 友宣 (98)

「指導困難校」と言われる高校での実践活動 渡辺 八郎 (100)

こだわりつづけることをバネにして 瀬川 三枝子 (101)

「がんばる」ということでよいのか 長安 めぐみ (103)

「都市と人間」 明峰 哲夫 (104)

「土曜日は、楽しい日?」 柘植 義男 (105)

日本社会臨床学会設立総会(1993.4.24~25)へのご案内 (表紙ウラ)

投稿のお願い (108)

編集後記 (109)