投稿のお願い

日本社会臨床学会では、機関誌『社会臨床雑誌』、機関紙『社会臨床ニュース』への投稿を随時募集しています。

下記の「『社会臨床雑誌』・『社会臨床ニュース』への投稿音のお願い」の要領に従って、ご投稿下さい。

『社会臨床雑誌』・『社会臨床ニュース』への投稿のお願い

日本社会臨床学会運営委員会

  1. 日本社会臨床学会は、社会・文化のなかで「臨床」という営為を点検、考察し、さらにその在り方を模索することを目的とし、いまの時代を生きる人間の悩みや想い、その背後にある社会の矛盾や問題を、既成の学問の枠組みやその方法にとらわれず、さまざまな領域、さまざまな立場の人々と共に自由に考える場となることを目指しています。
    上記の目的に沿って学会機関誌『社会臨床雑誌』を各年度3回発行します。
  2. 会員は学会機関誌への投稿はいつでもできます。その内容は以下のようになっています。
    1. 研究、実践に関するもの、誌上討論、論文、エッセイ
    2. 〈ここの場所から〉として研究や臨床の仕事、 社会での諸活動、日々のくらしからの報告などを掲載
    3. 〈映画や本で考える〉の欄
  3. 原稿字数は、上記 a. は20000字(400字×50)、 b. ・ c. は8000字(400字×20)を限度とします。これを超える場合は学会事務局にご相談ください。
  4. 投稿原稿の採否は編集委員会が決定します。
  5. 掲載させていただいた方には掲載誌を5部進呈します。それを越えて希望される場合、学会事務局にご相談ください。
  6. 原稿はパソコン等の電子機器にて執筆し、入力したデータファイルを電子メールにて添付し、『社会臨床雑誌』投稿用アドレス shakairinsho-toko@googlegroups.com までお届け下さい。紙媒体で投稿される方はご相談ください。
  7. 投稿は、学会員に限ります。
  8. その他原稿に関するお問い合わせは、下記の学会事務局にお願いします。
    日本社会臨床学会事務局
    〒191-8506 東京都日野市程久保2-1-1 明星大学 明星教育センター 榎本達彦研究室
    shakai.rinsho@gmail.com 郵便振替 00170-9-707357